本文へ移動

東大沢保育園ブログ

東大沢保育園ブログ

みんな違ってみんないい♪
ひとりひとりの個性を大切にしながらキラキラと輝く東大沢保育園の子どもたちの笑顔を守っていきたいと思います☀
ブログも随時更新していきますので、ご確認ください。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

幼児組わくわく

2021-05-14
 昨日、空の様子が心配でしたが、幼児組3歳~5歳「わくわく散歩に」出かけました。
朝から子どもたちの「先生、おはよう」の声が弾んでいました。
笑顔は倍増し以上。心も弾んでいるようで、少し浮いて歩いているように軽やかでした。
散歩とは言っても、大人の足なら1分。失礼ながら第2の園庭と勝手に呼んでいる公園です。
いつも遊び慣れた公園。 そのような場所なのに、うきうきわくわくの訳は・・・
保護者の方が作ってくださったお弁当!
キャラ弁あり。切り方やつまようじ(ピック?)などを駆使し楽しいお弁当あり。保護者の方々の
お子様に対して喜んで、楽しんでもらいたいという深い愛情溢れるお弁当に感嘆しました。
また、お子様に合わせて、量やメニュー、サイズを工夫されているのをみて、お子様への慈しみ深い気持ちを目の当たりにし
私よりもずーっと年下の保護者の方々ですが、尊敬してしまいます。
保護者の愛情、公園にワンちゃんのお散歩の方、公園でソロ演奏されていた方等温かいまなざしの様子をお空が汲んでくださったのか、お弁当の最後の方に
少し濡れる程度でした。保護者の皆様、ご近所の方々・お天気等のご協力で、子ども達も職員もたくさん遊んで楽しいひと時を過ごすことができました。
お土産は・・・。「お弁当美味しかったよー」の笑顔とたくさん遊んだ証の靴や体操着でした。

だるまさんがころんだ
5歳さんの優しいせ・な・か❤
なかよしさんの見せ合いっこ♪
力作

今年度の成果はいかに?お・楽・し・み♪

2021-04-26
 先週、東大沢保育園ファームの活動開始
枝豆・オクラ・きゅうりは苗。ラディッシュは種をまきました。
土起こし、種・苗植え、土をかぶせる、水やりなどなど。3歳児~5歳児が1人1回
携わることができるよう行いました。
どんなものができるかわくわく。思わず笑みがこぼれている子
どんなものができるかどきどき。慎重にそーっと土をかぶせていました。
昨年度のことを覚えているお兄さんお姉さんたちは、「あおむしくるかな?」
「また、育てたいな」など。美味しい野菜に誘われてくるお客様にもわくわくしているようです。
そんな中、1人の4歳児男の子。大事そうに手に小石を持ち、「これも植えるんだ」と
どこに植えようか目を輝かせて場所を探している背中が、とても愛おしく思いました。
野菜の出来具合や、虫のお客様の訪問も楽しみですが、
さて、今年度は子どもたちのどんなつぶやきが聞けるのか楽しみです。

夏野菜植え風景

温かいまなざし

2021-04-19
温かいまなざし
 ハナミズキが満開になり、赤や白に街路樹を彩っています。
園では、日の良い17日に5月人形(鎧兜)を出しました。
これは、ご近所の方から頂いたものです。
週明けの今朝、保護者のかたとのお別れが辛いお子さんも、
玄関の飾りを見て、きょとーんやびっくり!
気分転換になったお子さんもいたようです。
園の周りは温かいかたばかり。
お隣のかたは、子どもたちの声や庭に入ってしまったボール等ともすれば、
不快に思われてしまうことも、暖かく対応してくださいます。
また、一昨年まで訪問していた、ケアセンター「そよかぜ」さんは、災害があった時の集合場所として
センターの車寄席を使用して良いとのお話をいただいたり、「センター利用の方たちが子ども達と窓越しでも
会えるのを楽しみにしてくださっているので、散歩の時は寄って顔を見せて下さいね」と嬉しいお声がけ
また、キャンベルタウン公園にいらしている方々も暖かく声をかけてくださいます。
たくさんの方々に見守られ、声をかけていただける環境。
この素敵な温かい環境に感謝し、子どもたちにもしっかり伝え、心の豊かな子どもたちに成長してもらいたいと願い日々、
過ごしています。

鎧兜のように,凛々しく大きくなーれ
2021-04-06
うきうき!わくわく!な毎日が目標
 早いもので、4月も6日経ってしまいました。1日の入園式。27名の新入園のお子様を迎え103名でのスタートとなりました。
土日を挟んでしまい、昨日の月曜日は涙で過ごすお子様が多かったのですが、「戸外遊びって神?」と思えるほど最高の気分転換になり、笑顔も見られました。同じ保育園から移行の2歳新入園児の2名(男の子と女の子)、男泣きのお友だちの手を取り慰め「さぁ、お部屋に入ろう」と言わんばかりの姿。さすが女の子は強い?と思ってみたものの、よーく見ると、緊張のお顔。態度には出さないけど、緊張と不安でいっぱい。良く知っている男の子に助けを求めていたのですね。その姿を、たまらなく愛おしく感じました。また、在園のお友だちは勝手知ったる我が家。マイペースで過ごしていましたが、その中で4歳児(昨年度までは幼児組の一番小さい組)は、3歳児の様子を気にし、声をかけたり、手を差し伸べていました。気持ち・自覚って凄い。成長をさせるものだなとつくづくかんじました。みんなで、声かけあって、笑い合って、1年をコロナと上手く付き合い過ごしていきたいと思っています。
遠くに見えますが、子どもたちの大好きな「さんぽ」のペープサートを披露しています。

第5回卒園証書授与式

2021-03-27
嬉しいけれど、少しさみしい1日
 第五回卒園証書授与式。晴天にも恵まれ23名の園児が東大沢保育園を巣立っていきました。卒園証書を受け取る時の真剣なまなざし、そしてお家の人への心温まる一言を目の前にして、成長した姿を感じ、とてもうれしい気持ちになりました。
☆園児のみなさんへ・・・うれしかったこと、くやしかったことなど大切な時間を23人のみんなそして先生方と共に過ごしたこと。この時間がみんなにとって大切な宝物です。この宝物は目に見えないけれど、大切にしてほしいと思います。
☆保護者の皆様へ・・・毎日お子様の手を引いて、送り迎えというささやかな日常の連続。晴の日もあれば曇りや雨の日、うきうきした気分の日、落ち込んだ日もあったと  思います。本当に頭が下がる思いです。これからもお子様と楽しく前を見て歩んでいかれることを願います。

最後に、東大沢保育園は、こうありたいと願っています。皆様にとって「心のふるさとであること」そして皆様の「応援団であること」

まもなくやってくる4月は、新しい出会いの月です。
「はじめまして」 この1秒ほどの短い言葉に 一生のトキメキを感じることがある。
「ありがとう」  この1秒ほどの短い言葉に 人の優しさを知ることがある。
「おめでとう」  この1秒ほどの短い言葉で 幸せにあふれることがある。                                            (出)一秒の言葉  詩 小泉 吉宏 より一部抜粋

園児を待つ会場
花を見ると幸せ気分
思い出たくさんお別れの言葉
卒園記念制作の本箱
給食室からのメッセージ
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 086-465-1728
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る