本文へ移動

遍照浦和美園保育園ブログ

梅雨入り

2020-06-23
玄関は子どもたちのドキュメント
毎日、美味しいお給食をたっぷりと
廊下はギャラリー
梅雨の晴れ間のお散歩
いっぱい歩ける元気な子
大型滑り台に挑戦!
幼児組の目標
給食もコロナ仕様です(栄養士さんに見守られながら)
七夕様に願いをこめて
雨の日も室内で活発に楽しみます
 関東地方の梅雨入り宣言後、暑かったり急に肌寒くなったりと安定しない天候のせいか、少し風邪気味のお子さんが、増えています。
シベリアでは気温が38℃を突破し北極圏で最高気温を更新し氷が溶けて洪水被害というNEWSにも驚かされました。
 コロナ関連では、毎日いろいろな情報に一喜一憂させられますが、遍照浦和美園保育園では、コンスタントに約束をしっかり守り衛生面には細心の注意を払い続けるという方法で乗り切ります。県をまたぐ外出もOKとなりましたが、職員は、まだまだ不要不急の外出は避けています。大切なお子さんをお預かりさせていただいている、責任をひしひしと感じている毎日です。
 
 自粛協力期間終了を目前にし、登園児さんも増え保育園に活気が戻ってきました。長期間お休みしたお子さんは、登園初日には戸惑って泣く姿も見られましたが、すぐにまた保育園生活に慣れ、お友だちと仲良く遊んでいます。
乳児組さんからはCDの音楽に合わせて踊り、はしゃぐ可愛い声。幼児組さんからは、手話ソングのメロディが聴こえてきます。
『これこれ!保育園ってこうじゃなくちゃね!』ってしみじみと幸せをかみしめています。
 
 雨の日も、室内で工夫した遊びが展開しています。子どもは大人の4倍速で生きていると言われています。大人が5分と思っても子どもにとっては20分経過していることになりますね。よく「うちの子、集中力がなくて~」というお話を聞きますが、お子さんは、十分遊び切って次の楽しみを探しているのではないでしょうか。
みなぎる活力を持て余すことのないように、保育園生活を楽しんでもらっています。
 
 健康管理上、保護者の方々に保育室に入って頂けないため、お子さんの様子を玄関に貼り出していますので、お楽しみにお待ちください。
七夕様へのお願いを短冊に書いていただき、ご協力ありがとうございました。
きっと、お空に届きますね点滅している星
 
TOPへ戻る